無宗教の葬儀

 日本のお葬式では僧侶を呼び読経を行う仏式葬儀がほとんどですが、宗教者を呼ばず宗教儀礼行わない「無宗教葬」が少しずつ増えてきています。
 無宗教葬とは、特定の宗教を信仰していない方や、葬儀での宗教儀礼にこだわらない方,宗教のしきたりでは叶わないような形の葬儀を行いたい方などが選択する自由な葬儀の形です。メリットとして宗教のしきたりや作法にとらわれることなく葬儀の内容を決めることができるので、故人や遺族の想いや希望をしっかりと反映させたお葬式にすることができます。            
 セレモニーとして人気があるのは、故人の好きな音楽を献奏する「音楽葬」や、生前の思い出ビデオの上映などで、故人の個性や人柄が偲ばれます。                
 また、僧侶を呼ばないため寺院や僧侶にお渡しするお布施などが必要なく、費用を抑えたシンプルな
お葬式を望む方が検討される場合もあります。
 広い意味では直葬・火葬式も無宗教葬と言えるでしょう。ただ無宗教葬と言っても葬儀マナーはしっかりと守ることが大切です。

無宗教葬イメージ